JA葬祭ぐんま

もしもの時は・・・JA葬祭 葬儀の事なら、どんなことでもご相談ください。

ホーム > 葬儀の事前相談・事後相談 > 葬儀について

葬儀について

「もしも、その時」にきちんと対応できる様、亡くなられたときから法要までの一般的な手順をご紹介させていただきます。お葬式準備のお役にたてれば幸いです。 ※宗旨宗派・地域等の違いにより、内容が異なる事があります。

葬儀の流れ

葬儀の一般的な流れをご紹介いたします。各項目クリックすると詳細が表示されます。

葬儀の流れ 1.ご逝去 2.お迎え 3.ご安置 4.お打ち合わせ ご納棺 6.お通夜 7.ご葬儀・告別式 8.お別れの儀・ご出棺 火葬 10.初七日 お葬式の終わりに 忌中と喪中

1. ご逝去

● ご家族・ご親戚への連絡
医師から「危篤」との診断を受けましたら、ご家族、ご親戚の方などに連絡をします。
● 「死亡診断書」の受け取り・病院への支払い
医師から「死亡診断書」を受け取り、市町村役場へ「死亡届」を提出します。
病院への支払いは、亡くなられた日か、その数日後に済ませることが多いようです。
ご逝去イラスト

2. お迎え

● 搬送
看護師さんに出発できる時間を聞いて御迎えの時間を最寄りのJA葬祭にお電話下さい。JA葬祭のスタッフが、寝台車で病院へ故人をお迎えにあがります。
お迎えイラスト

3. ご安置

● ご安置
ご自宅にお迎えしたご遺体は、「北枕」(または「西枕」)にして安置し、顔を白い布で覆います。ご遺体のそばに白木の台、または白布をかけた小机を置き、線香、ろうそく、花などを供えて「枕飾り」とします。
● 末期の水
新しい筆の穂先や、ガーゼ、割り箸の先に白糸で巻き付けた脱脂綿などに、茶碗の水を浸し、故人の唇を湿らせます。
故人のご家族、ご親戚、親しい友人の順に「末期の水」をとります。
● 枕経
仏式では「枕飾り」の後、僧侶にお願いし、ご遺体の枕元でお経をあげていただきます。
● 喪主の決定
普通は妻(夫)や長男など、個人との血縁関係が最も深い方が喪主となります。
喪主は、葬儀の主催者として、遺族の代表として弔問を受けなければなりません。また、お通夜・葬儀式・告別式をどのように執り行うのかを決めます。
● 神棚封じ
神棚に白い紙を貼る「神棚封じ」をします。また、派手な絵や額・置物を片付けます。
ご安置イラスト

4. お打ち合わせ

● お通夜・葬儀内容の決定
1. お通夜・葬儀式の日時会場
依頼したJA葬祭と隣保班の方、親戚などの関係者と協議し、お通夜、葬儀式の日程、納棺・出棺・開式の時間などを決定します(お葬式全体の規模・予算・段取り等も決めていきます)。
2. 寺院との連絡
亡くなったことを知らせ、お通夜・葬儀式でお経をあげて頂きます。
故人が生前に、戒名・法名・法号をいただいていない場合は、僧侶に相談して決めていただきます。
3. 火葬場との連絡
火葬場(役所)の休みの日などに注意し予約を入れます。
4. 供物の手配等の打合せ
祭壇にあげる供物を決めます。
5. 料理の打合せ
数量の確認と手配を行います。
お打ち合わせイラスト

5. ご納棺

● 湯灌
ご遺体の全身を薬用アルコールやぬるま湯に浸したガーゼで全身を軽く拭き清めます。
● 納棺
「死装束」、「死化粧」を済ませたご遺体を、家族全員で静かにお棺へ移すことです。ご遺体の周りに、故人の愛用品や好物などを添えます。
ご納棺イラスト

6. お通夜

● 弔問の受付
受付係は、弔問に訪れた方に芳名帳へのご記帳をお願いします。
● お通夜の式次第 (※ 一般例)
  1. 1.  開式の言葉(進行係の方による)
  2. 2.  僧侶(導師)の入場
  3. 3.  読経
  4. 4.  喪主、遺族の順番でご焼香
  5. 5.  一般参列者のご焼香
  6. 6.  僧侶(導師)の退場
  7. 7.  閉式の言葉(進行係)
● 通夜ぶるまい
お手伝いいただいてる方への感謝の礼を伝えます。
お通夜イラスト

7. ご葬儀告別式

● 会葬の受付
● ご葬儀・告別式の式次第 (※ 一般例)
  1. 1.  開式の言葉(進行係りの方による)
  2. 2.  僧侶(導師)の入場
  3. 3.  読経
  4. 4.  喪主・遺族のご焼香
  5. 5.  弔辞
  6. 6.  弔電の読み上げ
  7. 7.  喪主または遺族代表による挨拶
  8. 8.  一般参列者のご焼香
  9. 9.  僧侶(導師)の退場
  10. 10. 閉式の言葉(進行係)
ご葬儀告別式イラスト

8. お別れの儀ご出棺

● 別れ花・石打ち
「別れ花」とは、ご遺族とごく親しい縁者の方がお館を囲み、お供えの花をご遺体の周囲に捧げる事です。その後、お棺に「石打ち」をします。石打ちは、小石でお棺に釘を打つ事です。
● ご出棺と見送り
お棺はご遺族や親しい方の手で、霊柩車まで運びます。喪主がお位牌、ご親族の一人が遺影を持ちます。
ご出棺イラスト

9. 火葬

● 火葬
お棺を火葬炉に移す前に、僧侶が同行されているときは、読経を勤めていただきます。
● 骨あげ(拾骨)
喪主と、次に故人と縁の深い方とが一組となり、またそのほかの方も、故人と縁の深い方の順に一組となり、ご遺骨を拾い上げていきます。
まず初めにご遺骨の歯を、次に足から上半身へと進みます。最後に喪主ともう一人の方で、「のど仏」を骨壷に納め、頭のご遺骨でフタをします。
火葬

10. 初七日

● 初七日
「初七日法要」は、お葬式後の大切な供養となります。故人のご冥福を祈り、僧侶にお経をあげていただきます。近年では、葬儀式と連続して行うこともあります。
初七日

お葬式の終わりに

お世話いただいた方にお礼を述べ、引き継ぎなどを確実に行います。

  1. I.   世話役・会計係などの方から、各種受け取るものがあります。
    1. 1.  香典と香典袋
    2. 2.  香典・供物の控え帳
    3. 3.  弔辞文・弔電
    4. 4.  芳名帳・名刺
    5. 5.  会計記録帳・残金
    6. 6.  支払を立て替えていただいている方への精算
    7. 7.  忘れ物の有無 など
  2. II.  領収書の整理・・・病院への支払いを含め、ご臨終からお葬式に関わるすべての領収書をまとめておきます。
    (領収書がない場合、詳細をメモとして残します)
  3. III. 僧侶とご親戚の方との間で、法要や納骨の日程などについてご相談しておきましょう。

忌中と喪中

「忌中」とは仏式では「四十九日」の忌明けまで、神式では「五十日(祭)」の忌明けまでの期間です。また「喪中」の期間は、仏式も神式も、故人が亡くなられてから一年後の命日までです。喪に服する期間、ご遺族は、慶事・祭礼などへの出席を差し控えます。

● 挨拶回りの準備
忌中と喪中イラスト ご葬儀後、二~三日中に「挨拶回り」へ赴きます。
お伺い先には、事前に連絡しておきます。
  1. 1.  ご寺院など
  2. 2.  世話役代表とお世話いただいた方
  3. 3.  ご親戚
  4. 4.  ご近所の方
  5. 5.  故人と特に親しかった方
  6. 6.  会社関係の方
● 故人の勤務先
勤務先へのあいさつ回りでは、故人の公的手続きも同時に進めることになります。事前連絡の際、ご用意するものなどを確認します。
勤務先へは、ご自宅にある「身分証明書、会社の鍵やバッチ」「社会保険証、厚生年金手帳」などと共に「印鑑」を持参する事が多いようです。
勤務先での方では「給与、退職金、持ち株、団体保険や埋葬料、遺族年金」などの対応が進みます。
● 忌明け法要(四十九日法要)の準備と式次第 (※ 一般例)
会場・日時が決まりましたら、出席を願う方への案内状を出します。法要後、会食を執り行う場合その準備もします。
  1. 1.  ご遺族代表の挨拶
  2. 2.  読経
  3. 3.  焼香(読経の途中から始めます)
  4. 4.  法話
  5. 5.  お墓参り
  6. 6.  会食
などです
● 納骨とお墓
納骨とお墓イラスト ご自宅に安置する遺骨は「四十九日」「百ヵ日」又は遅くとも「一周忌」までに納骨します。一般的に、ご遺骨を最終的に安置する場が「お墓」となります。
「納骨式」には、ご親族と、故人と親しい方に出席をお願いし、僧侶にお勤めをしていただきます。線香、ロウソク、お花、桶、柄杓(ヒシャク)なども用意しておきます。
納骨には火葬済の証明のある「火葬(埋葬)許可証」と「印鑑」が必要となります。
新たに墓地をお求めになる場合、「寺院墓地・公営墓地・民営墓地」の三種から選ぶことになります。また、「墓碑・墓石」を決め、棹石に刻印する文字を決めます。ご注文から完成まで早くても1ヶ月程度かかります。過去碑の戒名堀の場合も同様です。お墓が整った後、僧侶に「建碑式」をお願いし、「開眼法要」のお勤めをして頂きます。この時、同時に納骨式を執り行うことが多いようです。
尚、お墓が準備できるまで、ご遺骨を「納骨堂」に安置することも多いようです。寺院の納骨堂、公営・民営の納骨堂があります。また永代にわたりご遺骨を管理する、納骨堂形式の室内墓所なども御座います。
● ご位牌とお仏壇
ご位牌とお仏壇 「中陰壇」に安置する「白木位牌」は、忌明け以降「本位牌」となり、お仏壇に安置することになります。本位牌には、塗り位牌や繰り出し位牌があります。またご位牌は、戒名等を入れなければなりませんので、早めにご準備します(ご注文からお届けまで、2~3週間程度かかります)。
浄土真宗では位牌は用いません。僧侶にお願いして、芳名軸か過去帳に故人の法名を書いていただきます。
ご自宅にお仏壇が無い場合、忌明け法要の前に求めることが多いようです(ご注文からお届けまで、2~3週間程度かかります)。
尚、新しい仏壇は、僧侶に開眼供養して頂く必要があります。
● 基本台帳の整理と作成
お葬式の後、ご遺族は「死亡通知」、「御礼状」、「香典返し」、「法要」、「補助金申請」、「遺産相続」、「税控除」、「確定申告」などの諸手続きを滞りなく行うため、基本台帳を整理・作成します。
  1. 1.  「芳名帳」(「名刺」なども一緒にします)
  2. 2.  「広範な関係者名簿」(「死亡通知」「年賀欠礼挨拶状」などのため)
  3. 3.  「香典帳」(「供物帳」、「香典袋」なども一緒にします)
  4. 4.  「会計記録台帳」(各種領収書も必ず整理しておきます)
● 遺言書
遺言書の有無を確認します。遺言書は、財産・相続・身分に関する公的証明書です。民法が定める遺言は、「公正証書遺言」「自筆証明書遺言」「秘密証明書遺言」と「危急時遺言」「隔絶地遺言」です。最も新しい日付のものが有効となるなど細かな法規がありますので、弁護士や家庭裁判所等に相談されるのが良いようです。