担い手サポート事業

園芸作物生産実証農場

JA全農式トロ箱養液栽培システム
「うぃずOne」によるパプリカ栽培

 JAグループ群馬の総合的な県域営農サポート部門として、多様化する担い手ニーズへの対応に向け、組織・部門を横断した取り組みをすすめるとともに、地域農業振興や人材育成を支援しています。

 TAC活動などJAの出向く体制強化とあわせて、担い手の育成・確保、経営改善対策により、農業者所得の向上とJA事業の拡大に努めています。

 農産物の安全・安心確保対策として、トレサビシステムによる生産履歴記帳支援や、安全性確認のための残留農薬自主検査、GAP(農業生産工程管理)の導入促進など、安全・安心な県産農産物の生産体制の確立に努めています。

 園芸作物生産実証農場において、環境制御技術を活用した園芸作物の高収量技術の実証を行うとともに、施設見学や研修会を通じた技術普及に努めています。

ページトップ