農薬の安全性について

農薬とは?

 「人が栽培している農作物等の植物を病気、害虫、雑草、ネズミなどの有害な生物から守り、収量や品質を維持し、または商品価値を高めるなどのために使われるもの」です。

 また、「農薬取締法」によって登録を取得した農薬のみが流通・使用が認められており、定められた厳しい基準を遵守し現場で使用されています。

農薬の登録取得の流れ

ページトップ

安全性の考え方

 「なんでも取りすぎはよくない」と言いますが、例えば食塩を手のひら一杯摂取すれば死に至る場合があります。化学物質の毒性を考える場合、一定量摂取したときに毒性(悪影響)が現れるかどうかが基準となり、農薬もまたこうした考え方に基づき個々の農薬ごとに残留基準値を設定し安全性を確保しています。

 残留基準値とは、「農薬の有効成分ごとにすべての作物に対して定められた農薬が残留してもよい上限値」であり、その上限を超えて農薬が残留した場合、食品衛生法の定めにより当該農作物の流通が規制されます。

ページトップ

残留基準値の設定について

 これまで残留基準値は、人が毎日食べても健康に害のないよう推定される一日単位の摂取量=「一日摂取許容量」(ADI)に基づき設定されていました。

 しかしながら、国際基準をはじめ欧米においては、ADIのような慢性毒性指標に加えて急性毒性をも考慮した残留基準の設定が既に行われており、今後、日本においても同じ仕組みを導入していくこととなりました。急性毒性の評価には、24時間又はそれより短時間経口摂取した場合に健康に悪影響を示さないと推定される一日当たりの摂取量=急性参照用量(ARfD)が用いられます。

ページトップ

使用基準の遵守と安全性の確保

 農薬の使用基準は病害虫防除に必要な条件のもと、作物ごとの残留基準値を超えないよう設定されます。そして、使用基準を遵守し農薬を適正に使用すれば、基準値を超えて残留することはなく、国民の健康に悪影響を与えることはありません。農薬使用者が使用基準を守って農薬を使用することにより、食の安全性は確保されているとも言えるでしょう。

 なお、新たな毒性評価基準の導入に伴い、現行の残留基準値がその基準を満たせない場合、当該農薬の使用基準変更が行われることがあります。この際、変更後の使用基準に基づく農薬使用が求められます。

 JAグループは、農薬の適正使用を基本として、生産履歴の記帳と点検を行い安全な農産物づくりに取組んでおります。消費者に「安心」をお届けし、消費者の国産農産物への信頼を高めるよう努力をしております。

ページトップ

ページトップ